心が動く瞬間

先週の二コラ、高校生クラスでのことです。

 

現代文の授業で文章を読んでいるときに、ある生徒が

「先生、たった一つの文章でもちゃんと読むことができて理解できたら世の中や世界のことが理解できるんですね。

こうやって考えたことが今までありませんでした…。」

と、目に涙を浮かべながら口にしました。

読んでいた文章は感動的な小説はなく、どちらかというととても論理的で硬めの評論文。

自身もその授業で何も特別なことをしたわけではありません。

けれども、この時の彼女はたしかにいつもの彼女ではなかったのです。

本文の書かれた紙には涙の点がいくつも生まれ、しばらくの間、教室は沈黙しました。


…そういえば、数年前にも高校1年生の現代文の授業で40人の中の1人の生徒が大号泣したことがありました。

そのとき読んでいたのは詩でしたが、あまりに突然泣きだしたので私も他の生徒と共に唖然としたことを覚えています。


この2人に起こった情況とはいったい何だったのでしょうか。

実感の強弱はありながらであっても皆さんにもこのような経験がありませんか。

 

教育者として、このように子どもたちの心が大きく動く瞬間を目の前にするのは、非常に感慨深いものがあります。

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Ted Belfield (金曜日, 03 2月 2017 22:09)


    Thanks for sharing your thoughts about %meta_keyword%. Regards

  • #2

    Jani Whitsett (日曜日, 05 2月 2017 01:34)


    Nice post. I learn something totally new and challenging on blogs I stumbleupon everyday. It's always useful to read articles from other writers and use something from their websites.

  • #3

    Madison Blanton (日曜日, 05 2月 2017 07:50)


    Hi there very cool site!! Guy .. Beautiful .. Superb .. I'll bookmark your web site and take the feeds additionally? I'm glad to find a lot of helpful info right here within the publish, we'd like work out more strategies in this regard, thank you for sharing. . . . . .